人との関わり方のスタンス

初対面の人と、2回目、3回目と会う人とでは、しゃべり方や印象は変化して行くことが多いかと思います。

どんな人にも同じ接し方が出来る方は、居るのかも知れませんが、自分ではそのつもりでも、相手の受け取り方が違った。なんてことも、よくあるのでは?!

誰か自分と気が会う人と出会ったり、話が出来るとほっとするんですよね。
つい、嬉しくなって、勝手なこちらの思い込みで相手との関係をもっと縮めたくなったりして。

しかし、出来るだけ時間をかけて、無理のないようにお互いを知っていけることが理想です。

後々、変化するかもしれない相手の反応に対して、予防線をはってしまうこと。

気が会うと思うと、勝手にこちらだけが浮足だってしまわない様に、出来るだけ相手のペースに足並みをそろえようとする。(スローダウンの場合に限る)

なんてことがよくあります。

なんだかんだで、傷つくのが怖いのかも知れません。

よく空気を読むなどといいますが、よく知らない相手の反応を感じ取って、距離感を探りながら会話を進めていくかと思いますが、無理は禁物!

今までは、なるべく同じ様に接することが良いと思っていましたが、最近は自分とよく向き合って自分自身のことを理解しようと心がけ、世の中のあり方をよく観察してみると、無理をしないことも大事なんだと感じるようになりました。

自然体が心地いい。

自分も楽だし、自分と違うタイプの人がいても、なんだかそれでいいと思えるし、いろいろなことが許せるようになる。

あまりに違いすぎる相手、居心地の悪さを感じてしまう時は、相手を否定しないで済む位置まで関係の距離を離してみる。

何しろ、時間をかけてゆっくりとが基本。

人によっては、まったく違うスピードやスタンスの人もいますもんね。
いろんなタイプの人と関わっていくのって難しいなぁ。
相手もきっと同じ様に思っているのかな?

あくまでもこれは 、私のようなタイプの人間もいるということで、思って頂けるとありがたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする