魅力あるものをお手本に

≪まずは事実を受け止める

世の中には、経済的にも裕福で愛情もたっぷりの状況もあれば、
全く逆に両方共に恵まれかった環境に身を置いている場合もある。
片方だけの場合もあるでしょう。
また、様々な困難を抱えていることだって考えられます。

それぞれの違いには、お互いに無い部分の強みと弱みがあるはずです。

よく「無いものねだり」と言いますが、ここはひとつ素直になって
自分の欲しいもの、憧れ、望みを羨んだりするのではなく、
謙虚な気持ちでお手本にさせてもらう姿勢が大事でしょう。

自分とは世界が違うと諦めてしまってはダメです。
どんなに偉い人や有名な人であっても、結局は同じ人間なのだから、全ては同じに出来なくても、
憧れの人達が「どのように感じて、なぜそのような行動をするのか?」を少しでも知ることが出来れば、
自分なりのやり方に置き換えて、一歩前へ進む手掛かりが見つけられるはずです。

≪今を変えるきっかけ作り

状況を変えたくても、その場からすぐには離れられない状況や、
自分の意思だけではどうにもならない場合でも、出来る範囲のほんの小さな事でもいいから、

「自分のいる環境を魅力あるもの(好きなもの)に囲まれて過ごす」ということがとても大切です。

置かれた状況によっては負の感情に自分の心が囚われてしまうことが、幾度となくあって、
その環境から自力で抜け出すのは、大変難しいことかも知れません。

良い事も悪い事も影響されやすい。

良い状態の時って、なるべく悪い影響を排除したいという意識が生まれて、
悪い状態(うまくい行かない、マイナス感情)の人達と距離を置きたくなる。
そうなると益々、前向きに楽しんだり頑張れる人同士はお互い影響し合い自信をつけて行く。

一方、悪い状態が続くと不安になり、悪くならないことばかりに気を取られてしまう。
すると、自分達を守る事が精いっぱいで他の事に興味を持てず、同じ悩みや状況の人と
仲間意識を持つことで、不安や現状を回避しようとやり過ごす。

なかなか抜けられない状態から抜け出すには、意気込みと勇気と自分の心と対話する時間を持つこと。

「今、出来ることをそれぞれの立場で前向きに進んで行く」
現状を維持するのではなく、楽しみながら変化し成長して行く事が大切なのではと思うのです。

誰かと比べたり競争したりするのではなく、自分のペースで、こうありたい自分に一歩ずつ近付くこと。
なりたい自分をイメージするには、他の人の意見ではなく自分自信に素直な気持ちで、
「なんかいいなぁ」「なんとなく好き」「やっぱり好き」って気持ちを大事にして行くといいかも知れません。

≪魅力的な人、ものとの出会いのコツ

魅力的なものと出会うコツは、今まで接したことのないものに興味を持って見ること。
海外や旅行など遠くに行ってみる価値もあるけれど、
今、身の周りにあるものや他の人が大切に思っているもの、価値を感じているものにどんなところが良いと感じるのか、自分はどう感じるのかを想像出来れば、同じ体験してみるのも新たな発見がありそう。
物や事ではなくても、考え方、行動の仕方であってもいい。

注意する事として、
魅力と言っても危険な香りの魅力もあるかも知れないので、
危機管理能力をしっかりと働かて自分を見失わないことも、忘れないように!

≪まとめ。その先には

まずは、何も知らない、出来ない自分を認める事。
相手の魅力を謙虚な気持ちで、お手本にさせてもらおう。

自分の行動を変えるには、意気込みと勇気と自分の心と対話する時間を持つこと。

一つにこだわらず、気になることや面白そうなことはジャンルを問わず触れてみよう。

自分の気持ちに素直に、魅力的なものや考えに出会いに行こう。

様々なものに触れて、良いと思う感覚を掘り下げてみる。

そのうちに、なりたい自分が見えてくる。
最初は真似ごとであっても、段々と違和感の無い自分のスタイルとして定着してきます。
今すでに素敵な方達も、きっと同じ道を通って来たのではと思います。

そんな魅力的な人や物、出来事に大切なことを教わったように、次は自分の得意な事に磨きをかけて
全く知らない誰かの為に自分の力を貢献出来たと感じたならば、家族や友人らと全く変わりないほどの絆を感じることになるのではないでしょうか。

それは自信にもつながり、今まで予想もしなかった新しい喜びにも出会えることでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする