膨大にインプットし選別して、簡単にわかりやすくアウトプットする

インプット【入力】、アウトプット【出力】について考えてみました。

インプットするには、

私の場合、興味があることは、とにかく『知りたい』という気持ちが強いので、本を読んだりインターネットで手あたり次第、読み比べてみたりと好きでやっています。

気になったことは無意識にでも常に脳が探し物をしている状態なので、よく『引き寄せの法則』なんて言いますが本当かも!?と思ったりします。ですが、実際は意地でも自分から探し出しに行くって感じに近いですかね。
あまりに没頭してしまい、他の事が目に入らないので困る事もしばしば。。

情報を探す時の考え方は、

例えば、Aという事が気になった場合、それに関連した本を出来るだけ沢山読んだり、インターネットでの検索で調べたりします。

沢山の情報、色々な見解やおすすめ情報があったりで、どれを信じて良いのか分からなくなる時もあります。
そのため、探したいのは脚色や誘導された情報ではなく、真実を知りたいので、本当の事なのかを見極める必要があります。

先ず、Aというものを検索すると、文章の中やキーワードに幾つかのサイトに共通するものBが出てきます。

そこで無理に結論は出さずに先に、それ(B)について調べて理解してみる。
もちろん、Bについても又別の共通するCというキーワードが出てくるかもしれません。そこも時間の許す限り、把握に努めます。

そのようにして周囲の情報を組み合わせ、それらの関係性に注目して『Aについてのバックグラウンド』からAの情報を見ていくと、様々なサイト製作者、本の著者の意図も何となくぼんやりと見えてきます。

又、口コミの評判は、とても参考になりますが、それさえもねつ造の場合がありそうで鵜呑みにはできません。

そうやって
Aについての囲まれた情報の真実らしきものを紐付けしていくと、大体こういう事かもしれないと信用出来そうな情報がはっきりしてきます。

ですが正直、実際に経験してみなければ、本当の所は分からないのだとは思います。
なので、出来るだけ実際に見に行ったり、会いに行ったり経験しに行ったり、実行してみます。
そうする事で、自分なりの判断を元に集めたものは、確かな情報として活きてくると思ってます。

アウトプットするには、

このブログに関して一言で言うならば、インプットしたものを
『絞り出している』そんな感じです。

日々、気になったキーワードをメモしていて、調べられる時に関連情報を付け加えたりして。

そのメモや情報、自分なりの経験を元に、
PCの前に座って直接、思う順に書いてしまっています。
公開するまでには、何度も書き直したり順番を変えて見たりして体裁を整えているつもりですが、とにかく自分自身の思いの確認作業と、伝えたい思いの強さだけで書いてしまっている状態です。

私にとって、まだ日が浅いアウトプット作業(このブログ)で、はっきり言って読みにくい伝わらない部分も沢山あるかと思います。

こちらの記事の見出しに『簡単に分かりやすくアウトプットする』などと、”出来たらいいなぁ”とただの願望を書いてしまっただけになってるかも知れません。すみません(-_-;)

自分自身の為には、この書き出す作業は、どんな文章であっても、誰か人に話すことと同じように自身の思考の整理が出来て、満足しています。

伝えたい思いとして発信しているとなると、どうなのかな?とも思いますが、これはこれとして自分らしく行って見ようと思います。

少しずつ上達するといいのですが。。

ゆくゆくは、もっとシンプルにわかりやすい表現で、読者の方が求める情報を提供できるような別のサイトも作ってみたいなと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする